金買取の相場について

金の買取は金相場をもとにしていますので、毎日のように変動しています。

時には1日のうちでも相場の変動は起こりますから、常に相場に影響されるのです。

アクセサリーや貴金属などを金買取をしているお店に売ろうと思った時、日によって買取価格が変わるのも、金相場が変動しているからです。

相場が変動するのは株や為替なども同じですが、金相場に関しては突如大暴落するというリスクが低い事もあって、投資目的で金を購入する人もいます。

また金相場では、小売価格と買取価格の2種類があります。

これはお店で金を売買する時にも適用されますから、販売価格と買取価格にも多少の違いは出てきます。

金相場は1グラムあたりの価格で表されます。

お店で金買取をする場合は、グラムあたりの価格に重さを掛けて計算します。

金の買取をしているお店に、不要となったアクセサリーなどを持って行くとその場で査定をして査定額を提示してもらえますが、ジュエリーの場合は量が少ないと買取価格もあまり高くなりません。

純度が高いほど価値も上がるので買取価格も上がって行きますが、ピアスやリング一つずつよりも、金の延べ棒のように重量があるほど買取価格もあがります。

金相場は毎日変わりますが、大きな変動はないものの、その日によって買取価格は変わってしまいます。

金と同じようにプラチナにも相場があり、こちらも日々変動しています。

金買取をしているお店なら大抵プラチナも扱っていますので、プラチナ製のアクセサリーなども一緒に買い取ってもらえます。